スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな工夫ができるかも

甲状腺疾患一般にいえることですが、過労やストレスを避ける工夫をすることが大切です。

甲状腺ホルモン不応症は、厚生労働省が定める難病で、2015年1月より医療費助成の対象となることが発表されました。認定基準などは2014年9月ごろに発表される見通しです。
また、大学病院など研究機関において、場合によっては検査費用が研究費にて助成される場合もあるようです。

また、18歳未満(引き続き治療が必要であると認められる場合は、20歳まで)の児童については、先天性甲状腺ホルモン不応症と診断され、通院あるいは入院での治療(補充療法、機能抑制療法、その他の薬物療法のいずれか)を行っている場合、小児慢性特定疾患研究事業として、一部、医療費が助成されます。

tag : 甲状腺ホルモン不応症

メニュー
サイト内検索
RSSフィード
カウンター
このサイトを閲覧いただきありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。